*

配偶者貸付けによる主婦のキャッシング

貸金業法が改正された影響で、安定した収入のない人がキャッシングでお金を借入れることはできなくなりました。改正貸金業法では、貸金業者が利用者に対して貸付けることのできる金額は、利用者の年収の3分の1までという制限が設けられたからです。そのため、収入のない人の場合、総量規制による制限を受けることになり、キャッシングによるお金の借入れはできないのです。
現在無職の人や専業主婦などの場合、安定した収入は得られていないことになります。ですから、そのような人はキャッシングでお金を借入れることはできません。
しかしながら、安定した収入のない人であっても突然お金が必要になってしまうこともあります。そのようなときに利用できるのが、配偶者貸付けと呼ばれているものです。安定した収入のない人がキャッシングを利用してお金を借入れたい場合、貸金業者に対して配偶者の同意書と本人を確認できる書類、住民票などを提出することで専業主婦などの人でもお金を借入れることができるのです。
詳細はこちら(⇒銀行でお金を借りるGO120)のサイトで!



コメントする