*

家族に借金の返済義務はある?

破産承認が済んだ際に、どういった不利益がありうるのかは検討した人にとって絶対にまっさきに知りたい情報だと考えます。

続けて自己破産宣告者にもたらされる損害に関してのリストをまとめ書きにしておこうと思います。

・役所の破産者の一覧に載せられます。

※公共の身分書を交付するための資料ですから担当者以外はコピーすることができないですし、免責の許可がおりれば消されます。

・官報において記載される。

※販売されている新聞とは違い一般の書籍店には置かれていないですし普通の人々には関係性のないことだと考えられます。

・公法のライセンスの制限。

※破産者になったなら法曹、会計士、税理士などの資格者は資格剥奪になってしまい事業をすることができなくなります。

・私法上でのライセンス限定。

※後見役、連帯保証人、遺言実行人を請け負うことが認められません。

加えて、合名会社、合資の企業のサラリーマンならび株式会社、有限の会社の取締役員、監査役員の場合は退任根拠となってしまいます。

・自動車ローンやカードを活用することが認められません。

それと、破産管財人ケースについては次のような制約も加わります。

・自身の資産を独断で利用、破棄できなくなります。

・破産管財人や貸主委員会の申請により詳しい回答をすることが求められます。

・認定なしに住所の変更や長期に渡る旅をすることができなくなります。

・裁判所が必要だと許すときには当人が拘束されるときがありうるのです。

・配達品は破産管財人に配達され、破産管財担当者は受け取った配達品を開けることが許されます。

その他、自己破産者の不利益の大抵誤解を受けている点を箇条書きにしてみました。

1戸籍情報と住民台帳には記録されません。

2会社は破産を原因として退職させることは許されません。

※普通、自分が告白しないかぎり企業に伝わることはありません。

3投票の権利や選挙に出る権利などの権利は認められます。

4連帯保証役ではないときは、家族には返済義務は認められません。

5必要最小限の毎日の生活に不可欠な調度品(パソコン、TVを含めて)着用品などは差し押さえないです。

破産人の不便性に関してリストアップしてみました。

自己破産をすることにより負債は帳消しになるでしょうが上記の損失も存在します。

破産申請を考える上で、有効性も困難しっかりと探求した方がよいと考えます。


コメントする