*

債務整理、考えたことある?

月刊誌のチラシ、街角に張り付けられたビラやダイレクトメールなどで、「多重負債の整理任せなさい」「多重借金をまとめませんか」という売り文句を見ることがありますよね。

「整理人」「買取業者」「紹介業者」という通称の悪徳業者の宣伝のケースが存在します。

このようなものを申し込んだときには破産申立の中で一番重要な免責認可を受けられなくなるリスクもありえます。

「整頓屋」というのは、DMなどで多重債務者を寄せ集め相当な費用をもらって債務整頓を行うのですが、結局は債務整頓は行われないまま、債務人は一層の債務地獄にはまってしまう場合がほぼすべてと思われます。

「買取屋」は、当人のクレジットで電気製品、新幹線のチケットなどを山ほど購入させて負債者からそれらの品物を販売額の1割や半分で買取るというやり口を使っています。

負債者は一時的には小金が手に入れられますが、クレジット会社から品物の売値の支払いが送られて来ることになり、本当は借金額を増額させることになってしまいます。

この際はクレジットカード業者に対する犯罪行為ということになり免責許諾を手に入れられなくなります。

「紹介人」は大手金融業者から貸してもらえなくなった債務人について、業者としては融通はしないで、貸出をする違う同業者を知らせ、高い経費を出させるグループです。

紹介者は直接の紹介で資金提供可能となったかのように話しますが、現実は何もしておらず、ただ審議の甘いルートを知っているというだけです。

実際のところ負債額を悪化させる結果に終わります。


コメントする