*

債務整理にかかる費用


日刊紙の宣伝、スポーツ新聞、電柱に見られるビラやダイレクトメールで「多重借金の整頓手伝います」「多重債務を一括化したいと思ったら」と書かれた広告を読むことがよくあります。

こういったものは、「片付け屋」「買取専門屋」「紹介者」という名称の企業の宣伝のときがあったりします。

これらを使ったケースでは破産申請フローの中で免責認定をもらえないパターンが存在します。

「整頓屋」は、ダイレクトメールなどで借金を抱える人は寄せ集め、高い料金を受け取って債務整頓をしますけれど、実際のところ債務整頓はなされず、負債者は負債スパイラルにはまる場合が大方と考えてください。

「買取専門人」の場合は負債人のカードで家電、利用券を限界まで購入させて依頼者からその品物を購入額の30%ー額面半額で受け取るという手段が主です。

負債人は一時は金が懐に入りますがいつかクレジット業者によって商品価格の返済請求が送られてきて、実際のところ負債額を増額させる結末で終わります。

この場合はクレジットカード会社へ詐欺に当たるとされてしまい免責承認を受けられなくなります。

「紹介屋」の場合は、大企業の消費者金融から断られる債務人について業者として金貸しは一切せずに、金貸しを可能である別の業者を呼び出し、高い経費を受け取る業種です。

つなぎ業者は自らの苦労で融資できたというようにしゃべりますが現実には何もしないまま、ルールのゆるめのサービスを教えているだけなのです。

このケースも現実には借金額をアップさせることになります。


コメントする