私たちは正常位が出来ない!?~凸凹な2人のエッチ事情

私たちは正常位が出来ない!?~凸凹な2人のエッチ事情

無料試し読み、全部読むなら今すぐチェック!

[ComicFesta]【TL】私たちは正常位が出来ない!?~凸凹な2人のエッチ事情.ver2.3.2

 

「・・・まったく鳳先生ったら、まだ2限目ですよ?こんなに大きな体してるのに子どもみたいなんですから・・・」

鳳「いやぁ・・・つい熱くなっちゃって・・・小宮先生はちっこいのにパワフルだよなぁ」

 

「ちっこいはよけいです。次、反対の手!」

(「大きな手・・・」)

 

新任でこの学園に来た頃

背が低い私は、初めての仕事でなめられらくなくて必死で・・・

 

「うぐっ、こ、これくらい自分で・・・っ」

ひょい

 

鳳「これ?」

「あ・・・すみませ・・・っ」

 

?!

(で・・・デカっ!ひいぃぃぃぃ)

 

「ああああ、あの・・・っ」

鳳「ん?ああ、ひょっとして新しい保健の先生?」

 

スッとしゃがんで目線の高さを合わせる鳳。

 

鳳「ごめんな、オレでかくて」

ドキン・・・

 

それから何となく意識してしまって

 

あれから早3ヶ月。

もちろん、進展なんてあるわけもなく・・・

(まぁ、当然よね・・・)

 

「はい、おしまい。お大事に」

 

だってこの学園は恋愛禁止なのだ。

 

鳳「ありがとう」

ガラッ・・・

 

コンコン

教頭「失礼するよ」

 

「教頭先生、お疲れ様です」

(最近よく来るなぁ)

 

教頭「ここにもだいぶ慣れたかね?」

「はい、おかげさまで・・・っ?!」

 

さわ・・・

「ちょ・・・っ、な、なんですか?やめてくださいよ、もー」

教頭「んー?いいじゃないか少しくらい・・・」

 

「っていうか、こういうことは禁止・・・ですよね?」

教頭「ははは、こんなの軽いスキンシップじゃないか!」

(こんのセクハラおやじ!)

 

教頭「それにねぇ・・・」

教頭「恋愛禁止のことだったら、あんなのは建前でみんなやっているんだよねぇ・・・」

 

「え?」

教頭「おまけに私はもうすぐ校長になるんだ。言うことは聞いておいた方が・・・ね?わかるよね?」

 

(ぎゃあああ)

「ちょっと、もう本当に・・・っ」

 

鳳「あーあ、いいんですか?校長になる前に問題を起こして教員人生が終わっても」

教頭「っ鳳・・・!」

 

教頭「っち・・・」

ガッ

鳳「次またこんなことしたら・・・わかってますよね?」

教頭「ふん・・・っ」

 

鳳「大丈夫?」

「はい・・・助かりました。ありがとうございます。あの・・・なにかお礼を」

鳳「礼なんていいよ。忘れ物取りにきただけだし」

 

鳳「・・・ああいうことよくあるの?」

「あー・・・小さいからなめられちゃったんですかね。いやぁ・・・私モテないし、こんなだし」

「まさかあんな風に女扱いされちゃうとは・・・教頭もよっぽどですよね。あはは」

 

鳳「そんなことはないだろ」

「え?」

 

鳳「そんなのんきなこと言って・・・オレだって何するかわかんないよ?」

グイッ

 

「へ?」

「あ・・・あの・・・」

(え・・・なんで?!)

 

鳳「なーんてな♪これに懲りたら・・・」

 

「え?!あ・・・そ・・・そうですよね!」

「やだ・・・私ったらつい本気に・・・」

かあぁぁ

 

鳳「男の前でそんな顔しちゃダメだよ」

グイッ

 

「えっ」

鳳「そんな反応見せられちゃ冗談じゃすませられないな」

ドサッ

 

「!?っ」

「鳳先生」

 

鳳「イヤなら抵抗して」

チュッ

(ウソ・・・!)

 

「んっふ・・・っ」

 

私、鳳先生と・・・

 

どうしよう・・・

 

「んあ・・・っ、待っ・・・」

 

急にこんな・・・っ

 

鳳「こうするとほんと小せえ・・・胸柔らかいな・・・」

「あっ、だめ!」

 

クリクリ

「んっ」

 

鳳「乳首感じるんだ?ほら見て」

「はぁ・・・」

鳳「オレの手で全部隠れて可愛い」

 

「!」

鳳先生のあの大きな手が・・・

「っや・・・」

鳳「体だってすっぽり収まっちゃうしな。ほんとにかわいいよ」

 

可愛いなんて言われたら

「っ・・・やだ・・・やめて恥ずかしい」

勘違いしちゃいそう

 

鳳「恥ずかしい?でもこっちは触ってほしいみたいだけど?」

「あっ、ちが・・・っ」

 

鳳「こんなに濡れてる・・・」

「あっ、やっ、ひゃ」

ピク・・・

 

やだ・・・学校なのに・・・

 

「んっ、ふ・・・っ」

鳳「声我慢してる?でもそれ・・・」

 

「ふ・・・んっ」

鳳「男の興奮をあおるだけだから」

 

ビクッビクッ

(声おさえられない!)

「っ・・・ぁあ!」

鳳「声、やっと聴けた」

 

鳳「まだ女として見られてない・・・なーんて思ってる?」

「だって私・・・ぁ・・・やだダメ・・・動かしちゃ・・・っ」

くちゅ・・・

 

鳳「もうこんなにびしょびしょ・・・」

「やぁ・・・あっああ・・・んっ」

 

鳳「女として男のオレを受け入れる準備、しっかりできてるみたいだな?」

「そんなっ、あ・・・っ・・・ふあ・・・」

ビクビクッ

「ち、ちがうの・・・だって・・・!」

鳳「体がちっこいと、やっぱりここもキツイな・・・」

(あ・・・ぁ・・・指が・・・)

 

鳳先生のあの大きな手が、男らしくて太い指が・・・

(なにこれ・・・)

「・・・・・っ」

(奥に・・・!)

 

グッチュグチュ・・・

 

私たちは正常位が出来ない!?~凸凹な2人のエッチ事情

無料試し読み、全部読むなら今すぐチェック!

[ComicFesta]【TL】私たちは正常位が出来ない!?~凸凹な2人のエッチ事情.ver2.3.2